【駄文】「△」と評価する難しさ。

たまには駄文を書いてもよろしいでしょうか。

このブログの読者はそんなに多くないとは思いますが、期待してた方はごめんなさい。

ということで・・・

申し訳ありませんが、今回は Microsoft 製品の話題ではありません。

以下本文でございます。

よろしければ少々お付き合いくださいませ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

小学校だか中学校の時、テストで「〇」や「×」じゃなくて、

「△」が付けられてて、減点付きで加点された事があったんですね。

 

当時は、「なんだよそれ!」と憤慨しておりましたが、

その後大人になり、現在はIT業界で働いていると、「〇」じゃない物は

基本的に全部「×」でいいんじゃないかなと思う事があったりします。

だって、システムって、部分的に合ってても、ダメなのですから。

でも、当時の僕の先生は、「△」と評価してくれたわけですね。

改めて考えてみると、この「△」という評価は、結構奥が深いように思います。

簡単に言えば、

「ロボットには難しい、人間が得意な仕事。」

の一つなんじゃないかと思うんです。

 

 

そもそも「△」の判定基準は何なのでしょうか。

 

・部分的にあっている答え?

・単語選択がおかしいが、言いたいことは理解できる答え?

・スペルミスはあるが、それ以外はあっている答え?

・結果はあっているが、過程に不備のある答え?

 

まぁ、僕がちょっと思いつく限りだとこれくらいですが、

どうでしょうか。

先生にも、【何で「△」と付けたのか】と聞いてみたいですよね。

仮に、僕のことが嫌いだから、

言葉尻を指摘して「△」と評価してやろう、と思ったのでなければ

多分何らかの判断基準が、先生にあったわけですよね。

 

僕は今IT業界にいるので、物事を、システムに置き換えて考える事がよくあります。

例えば、「△」の評価システムを、IT的に考えるとどうでしょうか。

 

もし何かデータ(答え)があって、それを、「〇」や「×」の2択で

判定するシステムなら、なんとなく作れそうな気がしませんか。

 

ところが、何かデータ(答え)があって、それを、

「〇」や「×」、もしくは「△」と評価するシステムだとどうでしょうか。

 

システムとして「△」を実装する技術力以前に、

【「△」とは何か?】という定義を、全ユーザーが納得する形で

合意しないと、後々の運用時に、もめる気がするんですよね。

だって、技術者が、機械的に合理的なロジックを組んだだけでは、

ユーザーの「納得」までは得ていない状態ですから。

ゆえに、後々の運用時に、【「△」とは何か】と、もめそうな予感がするのです。

(※ユーザー自身が納得して決めたシステムならもめたりしない前提です。)

 

ユーザーに「納得感」を与える事。

それこそが、冒頭で述べました、

 

「ロボットには難しい、人間が得意な仕事。」

 

と、思った部分ですかね。

 

今後AIが活躍する社会となり、部分的には人間より優れた脳力を持つ

AIも登場してくると思うのですが、

そんな中で、(ロボット差別のような物言いで誠に恐縮ですが、)

もし人間が出した答えを、ロボットに「△」と採点されたらどうでしょうか。

人類は素直に納得できるのでしょうか。

 

では、仮に、先生が採点しても、「△」だったとしましょうか。

 

つまり、誰に採点されるか、だけの問題だとして、

ロボットに「△」と採点された時に、【なんかむかつく】

と感じる人が現れたりしないでしょうか。

 

もし、そういう人がいるするなら、システムで「△」を実装する際には、

伝え方も重要。と、言えそうですよね。

【ロボットに「△」と評価されたくない】という要件があったとして、

ITそのものがロボット寄りの技術ですから、

「△」と評価するロジックやプログラムの実装まではITで出来るとしても

根本的な要件をITで叶えるのは、センシティブな問題でもあると思うんです。

 

 

 

以上が、【「△」と評価する難しさ】について、思考した事でございます。

ご一読、ありがとうございました。

 

意図せず SQL Server がインストールされている。

意図しない SQL Server がインストールされている事があります。

 

丁度こんな感じ。

f:id:MVPjp:20170921165332p:plain

 

 

 

SQL Server は、Windows 系のSEなら聞いた事のある製品名でしょうが、SQL を知らない読者向けに"あえて一行で"説明するとすれば、SQL Server とは・・・

 

"Microsoft 製の、データベースサーバーを構築する為のソフト"です。

 

要はデータベースなのですが、ゆえに、普通は、高性能サーバーマシンにインストールされています。ところが筆者の場合は、わずかメモリ4GBのノートパソコンにインストールされていたので、少々ビックリしました。

※ディスクもノートパソコン標準搭載の2.5inch 低回転速型 ハードディスク です。

 

「え、もしかしたら、記憶にないだけで、過去に検証用途でインストールしたんだっけ?」などと、自分自身の記憶を疑う状態でしたが、結局インストールされている経緯や原因がはっきりしないので、何かで使われている可能性も否定できず、そのままにしていました。

 

ところが、最近になって改めてサービスを調べてみたところ、どうやらCRM関連で使われていそうな事が分かりました。

 

サービス一覧

f:id:MVPjp:20170921172800p:plain

 

つまり、こういう事です。

 

Outlook に、Microsoft Office OutlookMicrosoft Dynamics CRM をインストールするとその際に、裏側の処理で、必要に応じて、Microsoft SQL Server 2012 Express がインストールされる。

 

上記の裏付けとして、Microsoft の文献を確認してみましたが、下記のような記載が見つかった為、ほぼ間違いないのではないかと考えています。

 

OutlookMicrosoft Dynamics 365 のその他のソフトウェア要件


必要に応じて、次のソフトウェアが OutlookMicrosoft Dynamics CRM セットアップ でインストールされます。


Microsoft SQL Server 2012 Express

 

オフライン アクセス対応 Microsoft Office OutlookMicrosoft Dynamics 365 のみからインストールされます。

 

OutlookMicrosoft Dynamics 365 のソフトウェア要件

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh699818.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396

 

 

 

確かに筆者も、CRMならインストールした記憶があるのです。

なので、皆さんも、もし Outlook Microsoft Office OutlookMicrosoft Dynamics CRM を使っているなら、SQL Server がインストールされていたとしても、消さずに、安心してご利用継続ください。

消すと、多分 OutlookMicrosoft Dynamics CRM の機能が正常に動作しなくなると考えられます。

 

ただし、OutlookMicrosoft Dynamics CRM を現在利用しておらず、意図せず勝手に SQL Server がインストールされてしまった、と思われるなら、一度サービスから利用状況を確認したうえで、SQL Server 関連のプログラムをアンインストールしてもよいのではないかと思われます。

※あくまでも個人のPCにインストールされている SQL Server の話しです。

 サーバーにインストールされている SQL Server の処遇は有識者にご確認ください。

 

それでは、今回はこの辺で失礼いたします。

スタートアップを一瞬で無効にする方法

■手順

「Ctrl + Shift + Esc」(タスク マネージャーが開く) → 「スタートアップ」タブ → 対象のプログラムを右クリック → 無効化

 

f:id:MVPjp:20170921163806p:plain

 ※「スタートアップへの負荷」列から負荷の高いスタートアップを停止させれば、より負荷の軽減効果が高い。

 

 

 

■この手順の利用シナリオ

1.Windows 起動時に、不要なアプリが起動するので停止させたいがやり方が分からない。

 

2.スタートアップフォルダに登録してないプログラムなのに、スタートアップするプログラムがあるので、スタートアップの停止方法が分からない。

 

3.「コンピューターの管理」からサービスの「スタートアップの種類」を「手動」に変更して自動起動を止めたいが、サービス名とタスクトレイにあるプログラム名が一致しないので、どのサービスを変更すればよいのか具体的に分からない。

 

 4.負荷の高いスタートアップを停止したい。

 

 

 

■感想

PCはサクサク使いたいですよね。

皆さんも不要なスタートアップを一瞬で止めて、快適なPCライフをお過ごしください。

 

メモ帳のステータスバーが選択できない

■問題

メモ帳にステータスバーを表示したい。

 

もしくは、

 

メモ帳のステータスバーが選択できない。

 

f:id:MVPjp:20170910162449p:plain

 

 

 

■解決策

「書式」 → 「右端で折り返す」のチェックをオフ → 「表示」

→ 「ステータス バー」のチェックをオン

 

f:id:MVPjp:20170910164155p:plain

 

f:id:MVPjp:20170910164214p:plain

 

 

 

■解説

ある時、意図せずメモ帳からステータス バーが消えた事は無いでしょうか。

しかも、ステータス バーを表示しようとしても、グレーアウトしていて選択できない。

この現象は、意図せず発生します。

 

なぜなら、「右端で折り返す」機能と、「ステータス バー」の表示が

共存できない事が原因だからです。

 

例えば、「ステータス バー」が有効な時に、「右端で折り返す」を有効にすると「ステータス バー」は無効に変更されてしまいます。

一方、「右端で折り返す」が有効な場合、「ステータス バー」はグレーアウトされ、そもそも選択できなくなります。

 

上記を念頭に置いてメモ帳を利用すれば " 意図せず " 「ステータス バー」が

消える事態は避けられるかと存じます。

メモ帳の「ステータス バー」と「右端で折り返す」が共存出来ない事は

残念ではありますが、貴重な標準搭載アプリですから、

皆様も、ハマらないメモ帳ライフを満喫ください。

スタートアップフォルダを一瞬で開く方法

スタートアップフォルダにショートカットファイルを入れておくと、PC起動時に、自動でプログラムを起動してくれます。

便利な機能だなぁと思うので、私はよく使っているのですが、

新しいプログラムを登録しようとした時に、スタートアップフォルダのパスをド忘れしてしまって、スタートアップフォルダまでたどり着けない、という事がままあります。

そんな時はパススタートアップフォルダを一瞬で開くコマンドを使いましょう。


Windowsキー+R」→「shell:startup」→「Enter」

以上です。

 

なお、他にもコマンドから開けるフォルダはあるようです。
興味のある方は参考URLにて。



■Shell コマンドで開く特殊フォルダー一覧

http://pasofaq.jp/windows/mycomputer/shellfolder7.htm

Office のアップデート後、OneDrive for Business の同期が失敗するようになった

■解決
・方法1
コンピューターに下記URLのレジストリを追加します。
https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=827743

・方法2
[SharePoint の同期クライアント] で、[新しいクライアントの開始] を選びます。
→手順
グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

左側のウィンドウで、[設定] をクリックします。

確認"OneDrive [同期] ボタン"が「同期] ボタンを表示します」に設定。新しいクライアントを使ってSharePointファイルを同期するには、新しいクライアントを使ってOneDriveファイルを同期することも必要があります。

[SharePoint の同期クライアント] で、[新しいクライアントの開始] を選びます。

[OK] をクリックします。


■理由
OneDrive for Business にはメジャーバージョンとして、古いバージョンと新しいバージョンがあります。
古いバージョンの実体は Groove.exe です。
新しいバージョンの実体は OneDrive.exe です。
その為、SharePoint 側では、管理センターから、ユーザーに、どちらの OneDrive for Business を利用させるか、設定する事が出来ます。
ユーザーが自由に Office をアップデートできる環境の場合、OneDrive for Business は、新しいメジャーバージョンがインストールされますが、SharePoint 側の設定としては、管理センターから明示的に[新しいクライアントの開始] を選択しない限り、古いメジャーバージョンの OneDrive for Business を呼び出そうとする為、同期は失敗します。
ユーザーが管理センターの設定を変更できない場合には、レジストリキーの操作によって、個別に対応する事が出来ます。


■参考文献

OneDrive の次世代同期クライアントを使用して SharePoint ファイルを同期する

https://support.office.com/ja-jp/article/OneDrive-%E3%81%AE%E6%AC%A1%E4%B8%96%E4%BB%A3%E5%90%8C%E6%9C%9F%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6-SharePoint-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%92%E5%90%8C%E6%9C%9F%E3%81%99%E3%82%8B-22e1f635-fb89-49e0-a176-edab26f69614

Skype for Business の表示が文字化けする

■事象
Skype for Business の表示が文字化けする


■解決
Word → ファイル → オプション → 詳細設定 → 全般 カテゴリの"Web オプション" → "エンコード"タブ → "このドキュメントを保存する形式" のドロップダウンを "日本語(シフト JIS)" に設定


■理由
Office 共通コンポーネントである Office Word のエンコード設定が Skype for Business にも影響する為、既定値以外の値が設定されていると文字コードエンコードエラーとなります。
その為、Skype for Business 側の設定を初期化しても事象は改善されません。


■参考文献
Lync 2013 で生成された会話履歴が文字化けする

https://blogs.msdn.microsoft.com/lync_support_team_blog_japan/2016/10/07/l2013conversationhistorydbcsissue/